運行管理者試験動画講座

国家資格対策センター電話と住所

お問い合わせのよくあるご質問

よくいただくご質問や疑問などにお答えいたします。

Q 運行管理者の資格を取ると、どのようなメリットがあるのですか?
A 確実にキャリアアップにつながる資格です。有資格者は即戦力として採用されやすいため、有資格者のニーズは年々増加している注目の国家資格です。内勤が基本なので、運送業界で長く働きたい方は取っておきたい資格の一つです。
Q 次回の運行管理者資格を受験したいのですが、独学では合格が出来ないんですか?
A 独学では無理という事はありませんが、運行管理者国家試験は合格率が10%台の最難関試験です。
お仕事が忙しい受験者が多いので、経験豊富なベテランの講師による運行管理者eラーニング講座で、試験に特化した学習範囲を繰り返し理解できるまで学習すれば1回で合格が可能です。
Q 勉強嫌いで、まったく自信が無いが私でも合格できますか?
A 「心配はいりません。」UKKCでは勉強が苦手な方の目線で受講プログラムを作成しています。eラーニング講座以外に、毎日メール配信される4問の問題を読むだけでOKです。無理な暗記は必要ありません。
Q 仕事が忙しくて勉強時間が取れないし、仕事が終わって机に向かうのもちょっと…
    運行管理者eラーニング講座だけで大丈夫ですか?
A ドライバーや現場のお仕事をされている方は皆さんそうです。ご安心ください、運行管理者eラーニング講座ならお仕事の空き時間を利用して、短時間で実力が身につくようなプログラムが組まれています。
Q 運行管理者試験はいつ頃行われているのですか?
A 運行管理者試験は、年2回、8月及び3月に実施しています。
Q 運行管理者試験の申請書を購入したいのですが。
A 申請用紙(受験申請書)の購入については、各都道府県トラック協会、バス協会又はハイヤー・タクシー協会にお尋ねください。 また、(公財)運行管理者試験センターにおいては、郵送による販売のみ取り扱っています。
Q 基礎講習を受けないと、運行管理者試験は受けられないのですか?
A 基礎講習なしで受験できる方は、1年以上の実務経験者若しくは、再受験者(前回・前々回の欠席者、不合格者)又は既に他の種類の「運行管理者資格者証」の交付を受けている方です。 それ以外の方は、国土交通大臣が認定する講習実施機関で行われる基礎講習を修了しないと受験できません。
※基礎講習の日程及び申し込みについては、国土交通大臣が認定する講習実施機関にお問合せください。
Q 勤務先が倒産してしまい無職の状態ですが、実務経験で運行管理者試験を受けられますか?
A 会社から「実務経験」について証明が受けられない場合は、基礎講習を受講していただくことになります。
Q 基礎講習の申し込みはどうすればよいのですか?
A 国土交通大臣が認定する講習実施機関で、日程等を確認の上、お申し込みください。 ※ 運行管理者試験の申し込みは、(公財)運行管理者試験センター 試験事務センター宛に、基礎講習の申し込みとは別の申請手続きとなりますので、ご注意ください。
Q 受験申請書が届いたかどうか確認したいのですが。
A (公財)運行管理者試験センターのホームページで確認できます。申請締切後の翌月中旬を目途に受理した書類の「申請書配付番号」をホームページに掲載しますので、「申請書配付番号」は必ず控えておいてください。
Q 運行管理者試験の「受験通知書」はいつ頃届くのですか?
A 「受験通知書」は所定の期日(試験案内書を参照)迄に申請者本人の現住所に郵送します。なお、所定の期日(試験案内書を参照)を過ぎてもお手元に届かない場合は、電話で(公財)運行管理者試験センター 試験事務センターまでお問い合わせください。
Q 「運行管理者試験受験申請書」を提出後に、住所変更をしたのですが、どうすればよいでしょうか?
A 住所・氏名・連絡先変更(訂正)届(試験案内書を参照)に必要事項を記載して、(公財)運行管理者試験センター 試験事務センター宛に、所定の期日(試験案内書を参照)迄に郵送またはFAXで送信してください。 ※ 住所変更を行わないと、「受験通知書」が旧住所に郵送されますので、必ず変更を行ってください。
Q 試験当日、車いすで受験したいのですが、どうすればよいでしょうか?
A 申請後早めに(公財)運行管理者試験センター 試験事務センターにご連絡下さい。
(公財)運行管理者試験センター 試験事務センター
TEL 04-7170-7077